今回は先輩調律師の山本さんの持ち込みGP♪
いろいろ勉強させていただきます!

早速、古い弦を外します

金属部品は見事に錆だらけ・・・。

ほこりも溜まってます

響板のヤマハステッカー

ヒッチピンとアリコート・・・錆や汚れで色が変わってます

フレームのサイドに錆が!

ダンパーガイドレールも外します

響板のニスも劣化して変色してます

駒周辺の響板。駒自体はちょっと汚れてるくらいかな?

取り外したダンパー

いろんな場面で役に立つ、のみ君たち

響板のニスをアセトンで剥していきます

端っこの黒いニスはのみでキレイに

ステッカーも剥します

本体から降ろしたフレーム

アグラフを1個ずつ磨いていきます。細かい作業はあや&とよの役割

先生は機械で時間短縮!

ヒッチピン

アグラフの隅っこ等・・・。

磨き終わったらマスキング

休む間も無く次なるターゲットはピンブッシュ

楽しそう♪ でもよそ見はブ~×

フレームもよく見たら、あちこちにサビが見られます

いつも役割分担です

メガネっ子・とよちゃん
萌え~というより、知的~♪

フレームの裏のサビ取りのため
立ててみました。

余裕♪

敗北!

見えない所の方がひどい事がしばしば

サビを落としていきます。

サビを落としたら下地を軽く吹き付け

上塗りに金粉を吹き付け

表面もキレイに金粉でコーティングされました

響板のニスを剥した後はペーパーでサンディング

デカルを響板にセット

塗料を吹き付け

全体図

中研ぎします

再び吹き付けをすると、テラッテラ~

とよ・あやは他の金属部品を磨いています

響板・フレーム共に仕上がったので、フレームはめま~す

磨いた金属部品を装着していきます♪

ビューテホ~♪(*^_^*)

ダンパーガイドレールもペーパーがけしてキレイに

ピンブッシュを打ち込んでドリルで穴開け

チューニングピンを打ち込むと・・・ステキ~♪

工房に遊びに来ていた中谷さん
駒の表面をのみでキレイにし始めちゃった

山本さん=ちょっと休憩
中谷さん=黙々と駒削ぎ
 先生  =邪魔(-_-;) 笑

新品のピン

とよちゃんはペダルボックスの塗装準備

とよ・あやはクリーニングのC5を担当

これ!

山本さんの

順調に作業はすすんでいき・・・

またまた先輩調律師さんの登場です

工房の隅に追いやられて作業の図

傷が深いのでやせにくいパテのPR剤を使用

腕木の内側の傷が深かったので
ペーパーで均します

それぞれのパーツを
塗装していきます

完成間近でございますよ

外装も仕上がり、カッコイイ全体像が~♡

出荷前の細かいチェックをしながら、ワックスで磨き

脚・キャスターもピカピカ

運送屋さんの手によって梱包!いよいよ旅立ちの時☆

山本さんにはピアノの技術以外にも 色々な事をたくさん教えていただきました。 一緒にお仕事が出来て良かったです!
背ぇ~くらべ♡

昔のヒーローみたい(^o^)