ペダル//真っ黒
鍵とエンブレム//サビ
入荷したらみんなこんなのです
白鍵//戻らない鍵盤が
手前部分交換
調整か修理かを後で判断

チューニングピン//キレイ

マフラーフェルト
ちぎれた?というよりはちぎられた?
すごく嫌な予感・・・

部チェック 〜
かき傷発見
天屋根
ヒンジ//サビ
予感的中
鍵盤の下からネズミの巣が!
カビも発生
ここまでのチェックだけでも
長年放置されていたことがわかるピアノ

見えないところにもサビが
このネジ元に戻るのだろうか・・・
作業開始 〜
ボディの分解開始
ボディーから整備にかかろう
裏から見たピアノ
ペダルを整備するために
底板を今から取ります

底板がとれたところ
この後底板とペダルを
さらに分解して整備
底板のネジ
これは新しいネジと交換かな
足柱と妻土台分解
このパーツは塗装
外装磨き
今回の磨きはかわぴーが担当
底板研磨
ここにキレイになった部品を
組んでいきます。

磨いたパーツにフェルトを貼っていきます
ここはたけやんが担当
パーツ塗装
ここはいとーちゃんが担当!
低圧だからといって
別にうまくなるわけではないのだ

お気に入りの低圧エアガン
まき返しが少なく、
環境に配慮されたエアガンだそうな

小口張替え完了
今回はピアノメンテナンスキガタワへ委託
忙しいときの非常勤戦力が
たくさんいて助かるのだ
鍵盤側面
奥:Before
手前:After

まだまだかかりそうなので
このへんで休憩〜

かけもちで整備しているので
休憩はとても大切です

ここまでくると
ピアノらしくなってきた

かじられたマフラーフェルトも新品に
休憩中のたけやん
メールに没頭中
そろそろアクションの整備始めますよ〜
ブライドルテープ交換
変色してぼろぼろ
手前が新しいテープ
一本ずつ丁寧に張替え
乾燥の待ち時間にネジのまし締め
奥に見えている白いコードも張り替えたもの
組み立て完了
ハンマーも整形
アクション修理すべて終了
本体にアクションを取り付けて
ここまできてようやく調整と調律ができる状態
U3F

〜 完 成 〜