UX50Bl

今回はちょっとかわいそうなピアノのお話です。
(富山→浜松→富山と旅行してきたみたいな経路で当工房に入ってきました。)
最初に見た時はとても痛々しい姿で・・・。
今回は鍵盤蓋をメインにみていきます。そこが1番大変でしたので(-_-;)

鍵盤蓋のツバの部分

鍵盤でいうと木口面の部分

結構広い範囲で割れてました。

ものすごい力が加わったせいか、
ヒンジが密着していませんでした。

こんなひどい状態は初でした(あや)

そして、いつもの如くピアノの状態をチェックしていた伊藤氏は、
何気に作業を始めてしまいました。(-_-;)夜行性って恐ろしい・・・。

黙々と作業

塗料が割れて、ひび&空気が入っている箇所を
落としていきます。ほりほり♪

(注)まだ削り始めたところ

削りかすが伊藤氏を攻撃!!
ゴーグルすれば良いのに・・・。

のみと金槌まで出てきて大事です。

手前に力を加えるとカパッと開いたり☆

ちょっと休憩♡甘い物で元気回復!
長期戦になりそう・・・。

豪快に削り落としました!!

次はきりが出てきました。

一生懸命に作業をしていますが・・・?

何をしているの~?

穴・・・?

いくつもの穴~!!

そしてネジが埋め込まれた~!!

全部の穴にネジをねじ込み♪
(おやぢギャグ)(^^ゞ

ちなみに、上面にもいくつかネジが入ってます。

その後ペーパーがけ☆彫った所をならします。

ここまでの作業を伊藤氏に解説してもらいました。
「鍵盤蓋の木口面が強い力が加わった事により割れてしまい、接着などでは直せないため、
上からと下からのネジを入れる事により、強制的に密着させ、元の形にしてしまおう!!」
みたいな☆簡単に言うとそんな感じだそうです。

次なる登場物は・・・

PR剤です!
時間が経ってもやせず、大きな傷や深い傷にもってこい☆

主剤・促進剤・硬化剤の3液タイプで、
パテの反応を見ながら調合

削り落とした所にPR剤を塗ります。

埋め込んだネジにもPR剤を被せます。

ストーブの力を借りて速乾☆

PR剤が固まったのでペーパーがけ

研ぎ終わったら、お次はポリパテ!
PR剤で足りない箇所を補充☆

すごい事になってます。
このパテはやせやすいので充分に時間を置きます。

『疲れた~』

遅くまでお疲れ様でした。
とりあえず、1日でここまでやったのはすごい!
思いも付かない方法で目から鱗でした☆

1日乾燥させたパテを研いでいきます。

あちこちにパテを塗って補修
それだけ大変な事になっていたって事で・・・。

更に赤パテという粒子の細かいパテを入れていきます。

乾いたらペーパーをかけて、下処理がやっと終了です。

今回は外装の状態がひどかったので、いつも以上に下地のサフをかけます!

ここまで来ると、いつもの塗装している外装と何も変わらない感じに見えます☆

その他の外装もいよいよ整備に入ります!今回は鍵盤蓋だけ先に取り掛かってました。
1つ1つの工程に乾燥時間を充分に取るためとか・・・。
とりあえず、ここからは他の無事だった外装の磨きです☆

パックリ木が見えてました。

幼稚園から出てきたので鍵盤にはシールが!

棚板にはホコリが☆

チューニングピン&プレッシャーバーは
比較的キレイです。

アクションもキレイな状態♪

鍵盤を外すと・・・?

赤い粉がいっぱい!!
鍵盤ブッシング交換か!?

バランスピンのクロスは虫に喰われ・・・。

何だかなぁ~(-_-;)

片方の妻土台が割れていたので新品にしました。
キャスターをはめる部分は自分でくり抜きです!

夢は大工さん!?的なのみ使い☆

完成!さあ!!はまるかな?

見た感じイケそう♪

ピッタリ~!!良い仕事してますね~♪

親板&脚周りの磨きも完了!

倒している間に弦ピン終了

底板を着ける前に折れたネジの補修

起き上がるまでのカウントダウン開始☆

口棒のポリ補修→ペーパー→艶出し

鍵盤のシールもキレイに剥します。

上面のペーパーがけ

盛大に虫君たちがお食べになりましたので・・・。

全交換となりま~す♪

黙々とフロント&バランスブッシングを貼っていきます。

BEFORE

AFTER

あっちとこっちで作業の図

細かい所も仕上がって参りました(^_^)v

腕木と拍子木の間の部品も壊れていたので
新品に交換!

ネジ位置が合わないため修正

イイ感じ!

鍵盤をはめて確認!

鍵盤を収めます。

ペーパー&バフでピカピカ☆

譜面台も分解してきれいにします。

隙間にホコリがいっぱい

かっこよくポーズを取っていたので
とりあえず載せてみました。

伊藤氏バラすだけバラして、整備は人任せ・・・(^^ゞ

なぜなら、鍵盤蓋とその他の外装の塗装
というお仕事が待っていたからぁ~☆
別のピアノの外装もあるような・・・?

まぁ、そんなこんなで無事キレイに直りました。
気付けば、最後の全体像が無い事に今気付きました・・・。(T-T)
悲しい~・・・。